最近は絆に夢中でも大戦はエアで楽しんでるタクトのブログです
FC1カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

タクト

Author:タクト
メインIC


タクト(5州) 
使用デッキ
魏4(SR張遼R典イR徐晃SRカク)

サブIC 劉宝(9州)
大徳(SR劉備R趙雲UC張飛C凡将C月姫)


鄒連に参加してます

あとリンクは三国志大戦関連ではフリーです登録お願いします

相互リンクはコメ残してください

メッセアド
takushun-190923@hotmail.co.jp

↓は雛連のチャットルームです


↓は冬弥さんのチーム冬甘言のチャットルーム






カテゴリー
最近の記事
リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さんお分かりですよね


続きに退屈日記第4回です

「優勝するぞ~」

「おー!!!」


運動場に響き渡る大声

そうあの日9月9日僕はあの場所に立っていたんだ

その日のことはすごく曖昧(3センチ)で何を聞かれても生返事してしまいそうだ








やっぱりあの日僕は自身の限界が無いことを知った






人間には生まれもって声という音を発する物を持っている
それはほかのどんな動物が持っているものよりも至高で最高のものなんだ




こんな長い前振りから始まる今日の書き物のテーマは・・・


「運動会!!」

誰でも分かりますね
今日は運動会について書きます



逃げ出したい衝動から
逃げ出すまでの口実に迷う


(これはYUIのTomorrow's wayの1節です)





朝前日までのすごしやすい日から一転したカンカン照りで外に立ってるだけで目の前に暗幕かかかりそうなくらい暑かった

朝不機嫌な自分でもさすがにこれには不機嫌通り越して鬱になっていた

そんなこんなで飯食って学校に行ったんだ


片手にワックスとゲームボーイアドバンスSPを持って

自分に課せられた任務はすぐにやってきた



「赤団のプラカードを持ちますのは○○ ○○(タクトの本名)さんです」


終始ブツブツと独り言を言いながらうつむいていて側から見たら不登校の引きこもりが狩り出され強制的に参加させられたようにしか見えないだろう

でも仕方が無いそれが本当の俺・・・いつまでも変わらない俺なのだから


それからは与えられた仕事もせずテントで友人としゃべっていた


時間というものは割かし早く進み3年の競技100メートル走が始まろうとしていた

ここだけに言うが自分の50メートル走のタイムは6秒6・・・

完全に野球部なみのスピードなのだがみんなは知っているこのタイムが完全なフライングで出たタイムだと

だから僕にはフライングするしか選択肢がなかったのである

「どうしたもんか」

そんなことを考える時間を神様は与えてはくれない
刻々と迫る出走の時間、それに比例して大きくなる不安


僕の目の前にはいたはずのライバルはもういない=自分の番・・・

「よーーい」


僕はやるしかない!!


「パァン」
鳴り響く前に最高のスタートがきれた
完璧だ・・・


「パァン」

おかしいなぜ2発もピストルがなるんだ?

「はいフライング~」








みたいな目で見られました・・・

そして第2回目

「パァン」

しまった完全に出遅れた
どんどん先に行くライバル達


タクトは火事場の馬鹿力を使った



タクトは完全に勢いに乗った今まで筋肉痛だった足に羽が生えたようだった


ついに3位に追いついた
完全な横並び

息もつかせぬ攻防



・・・・・・・・・
緊迫した空気が流れる






結果は4位10cmぐらいの差だった・・・



でもそこで自分に待ち受けていたのは意外なものだった









今まで味わったことのない筋肉痛




本当にもう笑うしかない


絶望の前に諦めが沸いてくる




それからは午前中たいした種目も無いのでテントでワックスつけたり他中の女子見に行ったりして有意義な時間をすごしました

応援合戦もバカみたいに叫んで糸冬


飯食ってからは部活関連の種目があったんですがお昼もウケ狙いに行くのがタクトクオリティ


部活動リレーそこには前々から考えていたネタがあった



自分は3番走者予定では2番走者がカマすとか言っていた


「パァン」

聞きなれたピストル音自分の出番を前に何回も反復して計画を考え直す


2番走者が走ってくるなんと自分のケツにバトンを差し込みたいらしいさすがにそれは怪しいプレイ
それはなんとしても避けたいので普通にバトンを受け取る



走ってる中で考えた中盤でコケるのかゴール前でコケるのは・・・・自由だ~~~~


ってボケは置いといて

走ってる中自分の考えの中ではゴール前でコケることに決まっていた


「ヘイヘイヘイ」

次のやつは完全にバトンをもらう体勢だ

ここで!


タクトはおもいっきり自分の足を引っ掛ける
派手に砂煙を上げながら転がりまくる

そして必死に手を伸ばしバトンをパスするという迫真の演技を見せる
(客観的に見たら派手にコケたアフォです)



それから種目も無くまたワックスで髪いじってました


全校応援ではソーラン節をしたんですが


アンコール2回ありましてね・・・


やぐら2回組まなきゃならないんですよしかも自分一番下なんでひざが死にました





そんな感じの体育祭ですかね


結構長めでよくできたと思うんですけどね
(書くのに3日かかりました)





では




ノシ
スポンサーサイト
<< 戦争哀歌 // HOME // 今日(正確には昨日v) >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://takutosangokusi.blog59.fc2.com/tb.php/211-213bfb37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【2007/10/04 Thu】
ゲームボーイアドバンスSP 2003年2月14日 2003年3月23日 2003年3月28日 2004年11月18日CPU = 32bit RISC-CPU(16
[ 携帯型ゲームを調べてみました ]
// HOME //
 bluestar作者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。